飲食店の開店祝いに花を贈る場合の選び方

お祝いの気持ちを贈るのってなかなか難しいですよね。特に、飲食店を開店する知人友人の場合は悩みます。結婚式などとは違うので…代表的な悩みは以下のようなものです。

  • どんなものを贈ればいいのか迷う。
  • いつ贈ればいいのかよく分からない。
  • 金額の相場を知りたい。

そこで、実際に知人の飲食店開店お祝いをした筆者が、相手に喜んでもらえた経験をまとめてみました。参考にしてください。

 

 

飲食店の開店祝いはやはりお花?

飲食店のお店のオープンのお祝い、開店祝いで多いのは圧倒的にお花です。「華やかな商売は華やかに」が基本ですからね。ちょっと想像してみてください。開店したばかりのお店がAとB、2軒並んでいるとします。

 

A・店先にはスタンド花、店内には胡蝶蘭が並んでいる。

 

B・お店自体は新しいのだけれども、花が何もない。

 

お客さんが興味を持つのは当然、華やかに見えるAですよね。ちょっと入ってみたくなります。それだけ、開店祝いのお花には魅力があるんです。

 

開店祝いにお花って相場はあるの?

結婚式のご祝儀に相場があるように、飲食店の開店祝いに贈るお花にも相場があります。オーナーとの関係にもよりますが、一般的相場はこうです。

 

身内 2万円〜5万円のスタンドやアレンジ
知人友人 1万円〜3万円のアレンジや鉢物
取引先 5千円〜1万円のアレンジや鉢物

 

お花屋さんに相談すると、予算内で豪華に作ってくれます。よほど相場から外れない限り、貧相なスタンドやアレンジにはならないので安心して頼んでみましょう。値段的に制約がある場合は、品質は悪くないのに激安の通販ショップもあって、リーズナブルなスタンド花もありますよ。

 

開店祝いのお花にはどんなものがいいの?

開店祝いのお花には【胡蝶蘭】が一番人気があります。その理由は

  • 見映えがする
  • 長持ちする
  • 手入れが楽

などが挙げられます。

 

また、花粉が少ないためアレルギーが起きにくいというのも選ばれる理由の1つです。

 

胡蝶蘭の他には【生花のアレンジメント】が良いでしょう。花束はあまりお勧めできません。というのも、花束の花は花瓶に活けるわけですが、その際に

  1. 水切り
  2. 水上げ
  3. 活ける

などの作業が必要で、開店で忙しいお相手に手間をとらせてしまいますから。お花屋さんに「飲食店の開店祝いを」と相談すると、ピッタリのお花を選んでくれますよ。

 

開店祝いのお花は、いつ頃届ければ良いの?

開店日か開店前日に届くように手配するのが良いでしょう。もし、贈り主さんがオーナーさんとお知り合いなら、直接いつがいいのかあらかじめ尋ねてもいいですね。お店の場所や広さなど、場合によっては、「スタンドは要らない」などの希望があるでしょうし。

 

「お祝いなんかいいよ」と遠慮する方もいるかもしれませんが、きっとお祝いしてくれた気持ちは喜んでくれるはずです。

 

開店祝いにはお花でお店を華やかに!

綺麗なお花を見ると心がウキウキしてきますよね。そんな不思議な力がお花にはあります。新しくオープンするお店が繁盛しますように!そんな気持ちを込めて素敵なお花を贈りましょう。

飲食店の開店祝いにスタンド花を贈る

飲食店の開店の際に、店頭に花を置いておくと「新しいお店がオープンした」というのが一目で分かります。これが【宣伝効果】です。

 

中でも、スタンド花は高さがあり派手なので人目を惹きます。バルーン入りのものや、スタンド台に飾られている凝った物が多いので、お店の雰囲気に合わせて贈ることもできます。

 

しかし、ただスタンド花を贈れば正解という訳ではありません。お祝い花には【贈る側のマナー】も必要なのです。今回は、スタンド花を贈る予定のあなたへ、失敗しないための注意点をまとめてみました。

 

飲食店の開店祝いにスタンド花を贈る時の4つの注意点

  1. スペースとタイミング
  2. スタンド花の選び方
  3. 予算のマナー
  4. 立札の書き方
スペースとタイミング

スタンド花を置くには、入り口にある程度のスペースが必要です。お店のエントランスがどのような感じなのか、事前に調べておきましょう。置き場がないのに大きなスタンド花を贈るのは、相手にとって迷惑になってしまうのでやめておきましょう。

 

またネットやお花屋さんで注文する場合、開店のタイミングに間に合うように届くかどうか念入りに確認しておくことが大事。お祝いだからこそ、本当に喜んでもらえるような心配り をしてあげてください。

 

飲食店の開店祝いに贈るスタンド花の選び方

スタンド花の種類は、置くスペースがあるならば【二段花】をおすすめします。一段花で豪華な物も綺麗なのですが、他の人が二段花を送っていた場合、インパクトで負けてしまいます。二段花よりも予算が高い花を選んでも、並んだ時には 二段の方が豪華 に見えてしまうのです。

 

また、一段花は重心が上にあるので、風が吹いて倒れて通行人に当たってしまうという危険性もあります。このため、インパクトと安全性の面を考慮して 二段花 の方が無難です。

 

飲食店の開店祝いにスタンド花を贈る予算のマナー

スタンド花は10,000〜25,000円辺りが相場ですが、送る相手とあなたの関係性によって お祝の予算 が変わってきます。

 

友人・知人 5,000円〜10,000円程度
家族 30,000円〜100,000円程度
親戚 10,000円〜30,000円程度
取引先 10,000円〜50,000円程度

 

お祝い花の全体的な相場は3,000〜30,000円。このため、予算内でお花にプラスして現金や品物を贈るのもお勧めです。

 

飲食店の開店祝いに贈るスタンド花の立札の書き方

開店祝いのスタンド花に立札を添える場合は【祝開店】とお祝を意味する【朱書き】で書くのがルールです。基本縦書きですが、親しみを込めて横書きでもOK。贈る相手によって使い分けます。

 

・相手の会社名
・相手の肩書と名前
・開店祝いという文字
・自分の会社名
・自分の肩書と名前

 

相手の名前の後には「様江」。自分の名前の後には「与利」と朱書きで書きます。名前は必ず黒で書きます。故人を表す時に朱書きで名前を書くため、朱書きの部分を間違えないように!

飲食店のお店のオープンのお祝いに胡蝶蘭を贈るなら

知人がお店をオープンすると聞けば、お祝いの贈り物として選ばれる【胡蝶蘭】です。なぜ胡蝶蘭が贈り物として選ばれるのか?その理由は「胡蝶蘭が縁起の良い意味を持つ花」だから。今回は、お店のオープンお祝いに胡蝶蘭を贈るならどんなのが良いのかご紹介します。

 

胡蝶蘭は色によって意味を変える

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。それだけでなく、鉢に植えて贈ることから「根を張って仕事をする」という意味も込められています。

  • 見た目が綺麗
  • 素敵な意味も持ち合わせている

このことから贈り物にはぴったりのお花なんです。

 

さらに、胡蝶蘭は主に2種類の色が存在し、花言葉も異なります。

  • ピンク:あなたを愛します
  • 白:純粋、 清純

元々持っている胡蝶蘭の花言葉+色によって意味が追加されます。相手と自分の関係性に合わせて、色を選びましょう。

 

贈り物にはどんな胡蝶蘭がいいのか

一概に胡蝶蘭といっても、どんな胡蝶蘭が良いのか迷ってしまいますよね。そこで「こんな時はこんな胡蝶蘭がおすすめですよ!」というのをランキング形式でご紹介します。

 

胡蝶蘭

最もスタンダードなものではありますが、やはり1番人気のタイプです。変に飾らず、贈り物として十分なタイプですので、好んで選ばれます。胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」ですので、色は問わず純粋にお祝いしたい場合に送られます。

 

スタンダードなものですので、価格はおよそ20,000円〜50,000円で購入できます。お祝いの花としては比較的手頃な値段ですので、予算内で収まることから選ばれています。

 

化粧蘭

化粧蘭とは、専用のパウダーを使って花びらに好きなイラストや、文字をプリントした胡蝶蘭のことです。基本的には白色の花びらにプリントをするのですが、お好みでピンクの胡蝶蘭にもプリントが可能となっております。

 

企業によっては追加料金がかかるものの、せっかく贈るなら個性的なものを贈りたいという人に人気です。価格は、花の本数によって変動しますが、24,000円〜60,000円が妥当でしょう。

 

ミディ胡蝶蘭
  • オープンするお店が個人経営
  • 予算を抑えたい
  • スペースを取らないものを選びたい

こういった理由で、スタンダードなものは選びたくないという方は結構います。そこでおすすめなのが【ミディ胡蝶蘭】です。通常の大きさに比べてかなりコンパクトになったのが特徴。胡蝶蘭の意味は残したまま、サイズだけ小さくなったものです。

 

価格は10,000円〜25,000円と、通常の予算の半分以下で購入できます。

 

贈る相手をイメージしましょう

1年通して生産されているお花なので、贈る時期を選ぶことなく胡蝶蘭は手に入ります。忙しい人ならネットで購入して、そのまま贈ることだって可能です。贈る相手のことを考えて、プレゼントをしてくださいね♪

飲食店以外の開店祝いに胡蝶蘭を贈る場合

知人や友人、会社の取引先が新たな店を開店するとき、花を開店祝いに選びと店内がより華やぎます。中でも胡蝶蘭は、上品で格式高い美しさを演出する効果大。

 

 

アパレルファッション系のお店の場合

例えば、アパレルショップに胡蝶蘭を贈る場合は、デラックスタイプがオススメです。通常の胡蝶蘭よりも花びらの数が多く垂れ下がっているので、ゴージャスでおしゃれなイメージを与えます。様々な色合いの洋服を商品として取り扱っている店舗の場合は、白い色を選択すると商品の美しさを損なわず存在感を発揮するでしょう。

 

定番の3本立てでもいいですが、5本立てにするとよりゴージャス感がアップ。店内が広い場合は、5本立ての胡蝶蘭を選んでください。

 

ネイルサロンやエステサロンの場合

ネイルサロンやエステサロンといった女性の美や癒しを目的とした店の開店祝いには、白ではなく薄いピンクのデラックスタイプの胡蝶蘭でもかまいません。薄いピンクは華やかさだけでなく可憐な美しさも演出する色です。女性らしさを表現してくれます。

 

10代〜20代の若い女性を客層に設定している店であれば、はつらつとした可愛らしさのある濃い目のピンクの胡蝶蘭も喜ばれます。

 

あと、様々な来店客が目にすることを意識して、祝札にも心配りをしてください。近年は印刷した文字で、送り主の名前のみを記したものが多くなっています。しかし、印字の祝札は安っぽい印象を与えてしまい、せっかくの胡蝶蘭も台なしです。手書きをしてくれる店を選び、店名もしっかり記載してもらうといいでしょう。